プラダ プロフィール

プラダ、PRADAは、1913年マリオ・プラダ氏が皮革製品店「Fratelli Prada (プラダ兄弟)」創業したのが起こり。1978年孫のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任。その後、香水、ファッション、ジュエリーと幅広くビジネスを展開し、イタリア・ミラノを代表する世界的な総合ファッションブランドとなる。1990年代にはミウッチャにより手掛けられた防水性の高い工業用ナイロン生地「ポコノ」を用いた製品が日本およびアメリカで大ヒットした。スポーツラインのプラダスポーツ及び姉妹ブランドのミュウミュウが有名である。
 1913年、マリオ・プラダ (Mario Prada) とフラテッリ・プラダ(Fratelli Prada)の兄弟によりプラダの1号店となる「ratelli Prada(プラダ兄弟)」を創設する。高品質なレザーを用い、手先が器用な職人による高い技術力で豪華な皮革製品を産み出すブランドとしてイタリア王室御用達となり、その名声はミラノからイタリア中に広まった。1978年にマリオの孫・ミウッチャ・プラダ (Miuccia Prada) がデザイナーおよびオーナーとなると、皮革製品だけでなくナイロンのポコノ素材を用いるなど現代にマッチした製品を次々と企画・デザインし、ブランド・プラダは、世界中に知れわたる。1985年にはシューズコレクションをスタート、1989年には、レディースファッションに進出する。また、1994年には紳士服のコレクションも発表し、アパレル業界へ本格的な参入を果たし、ファッション業界にプラダを席巻していく。
 日本では1990年代にバックの大ヒットによりその知名度を高め、逆三角形のブランドロゴは、若い女性を中心に瞬く間に街で見られるようになった。2003年3月には、銀座中央通りに銀座店をオープン、同年6月には国内最大の旗艦店となるエピセンター・ストアをオープンした。2010年にプリントコレクションのバッグを限定発売するなど話題を集めると同年には、名古屋駅前に新店を開店した。2013年には創業100年を迎え、「ジャポニズム」をテーマとした春夏コレクションを発表する。同時に大阪・心斎橋、神戸旧居留地に着々とテナントをオープンし、東京には表参道に直営店となるチャーチ表参道店をオープンした。
 プラダの特色は、創業時からの伝統を活かした高級皮革製品を中心に耐久性とコストパフォーマンスに優れたポコノ製品も幅広いアイテムを揃えている。黒をベースカラーとした製品が多い中でレディースファッションは、季節のコレクションを中心にユニークでカラフルな色使いの際だったアイテムを展開している。プラダのコレクションは、プレタポルテ等で毎シーズン、ファンを魅了し続け、ライバルブランドが多いファッション業界で、流行に敏感な女性にとってひときわ輝いた存在となっている。

Prada-03.jpg

サブコンテンツ

Time Passenger

2019年12月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Favorite One

このページの先頭へ